航空機制御研究:ドローン研究

近年インフラの老朽化が進んでおり,点検用の足場の組みにくさや人手不足からインフラの点検が容易にはできないことから, 無人航空機(ドローン)により点検する事が求められている.インフラ点検用ドローンの基礎研究として,ドローンにマイコンやカメラを取り付け機能を拡張し, 視覚情報を利用したビジュアルフィードバック制御により目標物体追跡を行う事を目的としている. 本研究は岩手大学理工学部の佐藤淳准教授との共同研究によるものであり、佐藤准教授が 開発したマイクロコンピュータ(MbedとPICの複合基盤)を使用している. 動画はマイクロコンピュータに自作コントローラを実装し、ドローンの姿勢を制御する実験の様子である.